ステージ情報|広島の劇団、劇団Tempaです。

Tempaロゴ

stage

劇団Tempa2017 春公演について



※2017.06.01 追記
「素晴らしい秋日和でございます」延期日時が決定致しました!

2018年5月19日(土)・20日(日)
東区民文化センター ホール

詳細に付きましてはHP、SNS等で随時更新予定です。



*********************************************

いつも劇団Tempa並びに

舞台「素晴らしい秋日和でございます」を応援いただき、誠にありがとうございます。

この度、出演予定でした小池雅美が、医師の診察の結果、深部静脈血栓症と診断され即刻入院となり、降板することになりました。

すぐに代役を立てての稽古も検討しましたが、小池雅美の役柄上目指すクオリティに間に合わないこと、これまでの他の出演者の降板もあり、最終演出判断により、本公演をやむなく延期することとなりました。本当に申し訳ございません。

この度の公演延期につきまして、公演を楽しみにして頂いておりましたお客様、並びにご協力頂いていた皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます。 既にチケットをご購入頂いていたお客様に重ねてお詫び申し上げます。払い戻し方法については、お客様のご都合に合わせてご返金致しますので、お手数ですがこちらの連絡先までお願い致します。


<メールによる連絡>

contact@gekidantempa.com

<電話による連絡>

090-5262-3618

<直接会場での払い戻し>

東区民文化センター 窓口 (月曜休館)

〒732-0055 広島県広島市東区東蟹屋町10-31

「素晴らしい秋日和でございます」は、一年後の2018年5月に上演すべく、準備を始めております。

皆さまには多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。

必ず皆様の元に作品をお届けします。

また、2017年のTempaの活動については近日中にHP・ブログ等でお知らせいたします。引き続きご支援・ご愛顧宜しくお願い致します。

以下、代表からのコメントです。


*********************************************

この度、このような判断・結果となりました事を劇団の代表として心からお詫びいたします。

お電話やメールで「去年も観ました」「楽しみにしています」とお声を頂くたびに、「ああ、劇団を続けていて良かった」と、これまでのたくさんの困難も乗り越えてくる事が出来ました。

今回、このような決断に至ったことには、メンバーの中でも様々な意見が出ましたし、長い時間をかけて話し合いを行いましたが、本番までの残された時間で代役を立て、稽古をし、ご来場いただくお客さんに満足いただけるクオリティ高い作品をお届けできるか、と考えた結果、決行という判断には至りませんでした。

形だけ、通すことはできる、なんとなく、そんな舞台公演を行うことはできたと思います。

しかし、それはしたくない。

背景が、気持ちが、心が通じ合う受け渡しがあってこその舞台だと思っていますし、これまでもそういう作品作りをしてきたつもりです。

形だけではなく、そこから滲み出る「人間」が舞台の上で生きなければ、演劇としてお届けすることはできないと感じました。

それには様々な事柄において、時間が足りませんでした。

公演は、来年の公演予定になりました。

5月以降に私は劇団を離れ、新たに劇団の代表が立つことになりますが、関わる形は変わっても来年には、今よりも良いものをお届けできるよう、私個人も、新たに代表を迎えた劇団も頑張ってまいります。

今回の俳優の病気は、こちらも奇跡のようなものでした。

もし、血栓が別のところに詰まっていたなら、死に至る病気でした。

ベッドの上から連絡を頂いたときには、私も不安と困惑でいっぱいでしたが、今では彼女が生きていてくれることに奇跡と感謝を感じます。

お客様のためにも、また、彼女のためにも、来年改めて、「素晴らしい作品だぞ」と胸を張って言える公演をお届けしたいと思っています。


「また来年」、俳優たちとそう言って別れた希望を胸に、来年まで大切に育てていきたいと思います。


繰り返しになりますが、この度は本当に本当に申し訳ありません。

2017春公演「素晴らしい秋日和でございます」に際し、たくさんの応援をありがとうございました。


劇団Tempa

代表・越智良江

2017.5.3

PAGE TOP

inserted by FC2 system inserted by FC2 system